卵巣のう腫

卵巣のう腫の治療法の種類

卵巣のう腫は、卵巣内に液体や脂肪が溜まって腫瘍になったものです。その9割は良性とされており、検査で卵巣のう腫が発見されても3ケ月後にまた様子を見ましょうと言われて放置されることが多いとされています。経過観察を続けて、いつまでたっても治らない場合に初めて、治療を行います。

 

卵巣のう腫の治療法は、基本的に薬物療法か手術かの2つです。ピルや黄体ホルモン療法で卵巣のう腫を小さくすることで治療できることもありますが、その方法では効果がない場合には卵巣のう腫や、浸食が激しい場合には卵巣全体を切り取ることになります。

 

卵巣のう腫は当然ですが女性特有の病気です。また、卵巣は子供を生むための器官であり、排卵が絶えていたり、高齢化によって今後はもう子供を生まないと決めた場合に、思い切って卵巣ごと切除するという選択もあります。ただし、人間の身体は基本的にすべての器官が揃って機能することを前提としてバランスを保つので、器官ごと切除してしまった場合、ホルモンバランスが乱れて健康に問題が出る場合もあります。それでも、卵巣のう腫が肥大して卵巣全体を取り込みかけていたり、卵巣のう腫のせいでホルモンが異常に生成されている場合などは、卵巣ごと排除した方が良いという判断もあるわけです。

 

ただし、前述のように卵巣のう腫の9割は良性で、ほっておけば自然に解消されるので、出来るだけ自然治癒に任せた方が良いというのが定説です。

卵巣のう腫の症状とは

う腫の大きさが小さい時の症状の特徴は、毎月の月経の時の痛みがひどくなるなどがあります。

 

他にも経血の量が増加したと感じたりする事もあるでしょう。この頃にはほとんどの場合「おかしい」とは感じていても、病院に行って検査を使用とは思わないかもしれません。少し卵巣のう腫が大きくなってくると、別の症状が出てくるので病院に行く方も増えると思います。

 

下腹部に痛みを感じたり、それまでは感じる事が無かった腰痛などの痛みや違和感を感じるようになります。この頃を過ぎてくると下腹部にしこりのようなものを感じる事があるようです。これも卵巣のう腫の症状の特徴だと言えるでしょう。

 

これらの症状が出ている時というのは卵巣のう腫の大きさは、およそ2cm〜3cmくらいではないでしょうか。これ以上大きくなってくると、仰向けに横になるとお腹がポコッと膨らんでみえるようになります。

 

卵巣のう腫の大きさが5cmを超えるくらいになってくると、出てくる症状も深刻になってくる事があります。もしも卵管がねじれてしまったら出血をしたり痛みで気を失う事もあります。

 

卵巣のう腫で最も怖い症状が、この卵管がねじれてしまうという事ではないでしょうか。通常はそれ以前に気づくと思うので、気づいた段階でどのように治療をするのかを、かかりつけの医師と相談する事です。

卵巣のう腫の手術をすると

卵巣のう腫の手術をすると、女性は身体の回復に集中しなくてはなりません。というのも卵巣のう腫で卵巣の一部や全部を摘出してしまった場合、女性ホルモンのバランスが悪くなってしまうからです。

 

特に卵巣というのは女性にとっては健康を維持する時に、重要な働きをしているだけではなく、出産をするといった意味でも精神的にも影響してくる事があるのです。ただ、卵巣のう腫の手術自体はそれほど難しい手術という事ではないようです。

 

卵巣のう腫の手術をする事になった女性は、年齢を関係なくして精神的なショックはとても大きいといえます。なので肉体的な問題もあるかもしれませんが、精神的なケアの心配をする方が重要であると考える事もできます。

 

また、卵巣のう腫の手術をしなくてはならない状況になってしまった患者さんの中には、これから妊娠と出産を予定しているまたは希望している方もいらっしゃるでしょう。

 

その場合の妊娠できるのかどうか?という点も、卵巣のう腫の手術をするリスクの一つであると言えるのではないでしょうか。いずれにしても心身ともにバランスを崩してしまいやすくなってしまう事は懸念されます。

 

前向きに考える事ができるように、卵巣のう腫の手術の後の状態が良くなってからでも良いので、軽いスポーツなどをしてみるのも良いかもしれません。卵巣のう腫の手術を受けたからといって、不妊になるという事はありませんのでじっくりと治療をすると良いでしょう。

自宅で行えるこれだけのことで!?
卵巣のう腫が驚くほど簡単に・・・


 
FXデイトレーダー